2018年2月19日

今年も鬼がやって来た♪

しょうじゅの里三保では、利用者の皆様に
施設にいながらもその時々の季節の雰囲気を感じていただこうと
様々な取り組みを行っています。

2月の代表的な伝統行事といえば『節分』。

あるユニットでは、1月中旬からユニット内を
可愛い節分アイテムで飾り、
入居者様達に喜んでいただきました。



更に、2月3日の節分当日は
スタッフが鬼の紛争をして、ユニットに登場。


ノリの良い入居者様は、カメラを向けた際に
「きゃ~、怖いわ~~」
と、大女優ばりの見事な演技を見せて、
素敵な記念写真を撮らせていただきました。


某ゲームに出て来るネコもどきのキャラクターの
着ぐるみをまとったスタッフも緊急参加。


鬼と一緒に読書を楽しむ等、
本来の『豆をまいて鬼退治』の節分スタイルとは
かなりかけ離れたひと時となりましたが、
入居者の皆様には、節分のひと時を
楽しんでいただくことができました。


他のユニットでも、恵方巻にちなんで
スタッフ特製の太巻きやお刺身をふるまう
『昼食レク』を実施したり、
スタッフが手作りした鬼の的に向かって
お手玉を投げる『的当てゲーム』を楽しんでもらったり、
そのユニット独自の『節分』レクが
行われていました。

春を炊き込んで

しょうじゅの里三保では、当施設を利用されている皆様のお食事を 業者を挟まない『直営給食』にてご提供しております。 『直営』ならではのメリットを活かし、 例えばおやつの時間にオリジナルスイーツを提供したり、 主食(もしくは主菜)を選べる『セレクト食』を実施した...